脳

病気に負けないで!脳梗塞になったらリハビリが大事

脳梗塞を発症すると治療と同時並行してリハビリが始まります。安静にしたままでは筋肉や関節の機能が低下し、後遺症もさらに悪化するリスクがあるためです。また後遺症が残っても病院に入院できる期間には限りがあるので、自宅療養等に備える必要があります。

和食

血糖値をコントロールする糖尿病の食事で健康体へ近づこう

糖尿病の食事は、配慮が必要になります。血糖値を上げないために糖質制限をする必要がありますが、そのために食事に含まれる糖質を減らします。野菜に含まれる糖質も気をつけないといけません。健康を維持するためにそれが大切です。

どうすればいい?糖尿病や脳梗塞になったらしておくといいこと

男医

私たちの体はいろんな血管や臓器があります。健康に毎日元気に過ごすには、どうしてもその臓器などを良い状態で保たないといけません。もし、健康でない状態になってしまうと、だんだん体調も悪くなり、病気を発症してしまうこともあるでしょう。いろんな病気がありますが、立ちっぱなしなど同じ姿勢を取ることが多い人は、下肢静脈瘤という病気になりやすいです。足の血管が瘤状になっている人は、注意が必要です。また、体に麻痺を残す恐れのある病気に、脳梗塞があります。脳の血管が詰まることで起こる病気ですが、この病気に限らず脳に関するものは治療や発見が遅れると後遺症が残る可能性があるのです。実際に、脳梗塞を発症して、リハビリをしている人もいます。リハビリは簡単なことではなく、とても長く辛い戦いになります。医療機関で定期に受けていくのが、発症後の体の状態を良くすることになるでしょう。しかし、やはりまずは病気にならないように心掛けていくことが大切です。もちろん、早期発見早期治療は、他の病気にも当てはまります。糖尿病などよく聞く病名も早めに病院へ行って治療を受けてください。夜間診療をしているクリニックもあるので、後回しにしないようにしましょう。糖尿病は内服治療だけじゃなく、患者に勧めたい糖尿病の食事というものがありますから、食事療法も並行して行うことが肝心です。

Review

脚

下肢静脈瘤は女性がなりやすい病気!早めの治療が大事

下肢静脈瘤は、心臓に戻る静脈が上手く戻ることが出来なくなることで出る症状です。立ち仕事の多い女性に多い病気とされ、良性であることから命の心配まではないとされています。

足

下肢静脈瘤は自然に治らない病気【早期治療と予防に努めよう】

下肢静脈瘤は放置しておくと治ることがなく、重症だとむくみなどが強くなってしまう可能性があるので早めの治療をお勧めします。60代の女性達は担当医のアドバイスのとおりにしたり、レーザーを使った治療を行ったりしてこの病気を軽減しています。

診察室

忙しい人でも夜間診療のある病院なら安心!患者さんの声

急な体調不良やどうしても仕事中で日中に病院へいけない時に、利用したいのが浦安の夜間診療です。担当の医師が丁寧に診察してくれるので、普段のかかりつけのクリニックにいけなくても安心して診察を受けられます。

カウンセリング

糖尿病を診てもらうならアクセスのいい病院が一番!

小岩で糖尿病を診てくれる病院は豊富にありますが、金銭面や医師の対応のチェックだけではなく、いかにアクセスしやすいのかという点にも注目しておくことが大切になって来ます。