HOME>Column>血糖値をコントロールする糖尿病の食事で健康体へ近づこう

血糖値をコントロールする糖尿病の食事で健康体へ近づこう

和食

糖質の少ない物が基本です

糖尿病の患者は、体内で糖を処理する機能がうまく働いておらず、そのため糖質の多い食事があれば、食事の際に血糖値を上げてしまいます。そのため糖尿病の食事として糖質制限をします。糖尿病と診断されてからは、普段から食事に気をつけないといけません。以前に比べてご飯を減らしたり、甘いものを食べなくしたり、お酒を飲まないようにすることが大事です。そうして血糖値の上昇を抑えることで、体への弊害を防ぎます。また繊維質の多い野菜は糖の吸収を緩やかにするので、糖質の多い食事の代わりに野菜を増やしたりします。糖尿病の食事は、糖質を減らす必要がありますが、完全に糖質を無くすことは、脳や体を動かす機能を阻害するためできません。糖尿病であっても、必要な量の糖質を取る必要があります。

和食

糖質が多い野菜もある

大福、ケーキ、クッキー等のスイーツは、糖質の固まりでして、砂糖を多く含んでいるため血糖値を上げる効果があります。そのため、食べない方がいいです。スナック菓子や、せんべいも糖質がたくさん含まれています。糖尿病の人は避けた方がいいです。甘い物を減らして、間食を無くすことで血糖値の上昇を防ぐことができます。糖尿病になった人は、そこに気をつけないといけません。以前のように食べていたら、治る物も治りません。糖尿病の食事として野菜をたっぷり取る事が推奨されています。野菜の中には糖質が多い物もあります。ジャガイモ、カボチャ、レンコン等の野菜は、糖質が多いため、量を食べない方が安心です。野菜をたくさん食べていても、体調が良くならない人が居たら、そうした間違いをしていることがあります。